タイトル  
Topへ 店内の風景へ フードメニューへ ドリンクメニューへ 泡盛リストへ 掲示板へ お問い合わせフォームへ

泡盛とは

日本で最も古い蒸留酒である泡盛は沖縄地方に伝わる、タイ米に代表される長種米を原料に黒麹で発酵させたもろみを、単一蒸留器で1回蒸留したものとされる。その歴史は古く、約600年前の記録が残っている。15世紀の朝鮮の記録にはその当時既に3年以上寝かせた酒が貯蔵されていたとある。

琉球王朝時代は王府によって生産が管理され、城のある首里の3ヶ所に30の酒造所を設置して生産が管理された。当時は王、または明(中国)、江戸幕府へ謙譲する貴重な酒として一般庶民は口にすることの出来ないものであった。江戸時代末期に日本にやって来たペリーも直前に琉球に立ち寄り、琉球王朝で泡盛によるもてなしを受けたとその手記に記述している。

明治に入り、一般の人でも免許を取れば泡盛を造ることが出来るようになると、首里から分家して地方や離島へ渡り、泡盛を造り始める人々が現れて沖縄中に泡盛が普及し、一般庶民にも口にすることが出来る酒となっていった。

しかし第二次世界大戦により泡盛産業は全滅してしまった。戦前までは100年以上大切に育てられたクース(古酒)が酒造所を始め、旧家にはあったといわれるがすべて大地に帰ってしまった。もし戦争がなければ今頃、泡盛は世界の蒸留酒文化を変えていたに違いない。あぁ、戦争とは何という愚行なのだろうか・・・。

戦後、立ち直った泡盛は何回かの冬の時代を乗り越え、今ではマイルドなタイプから昔ながらのクースまでいろいろな製品が発売され、幅広い層に受け入れられる、非常に魅力的な酒となっている。

石垣島

八重泉 八重泉
八重山で最大規模を誇る八重泉は石垣市街から少し離れた高台にある。敷地内から出る地下水を使用してクセのない爽やかな味わいに仕上げている。
また最後の1年ぐらいを樫樽で寝かせた8年古酒(通称グリーンボトル)は上質のスコッチウィスキーのようにまろやかで、伝統的な製法で作られる5年古酒黒真珠は芳醇な香りとコクがある。
於茂登 於茂登
現在では少なくなった昔ながらの直火焚きでの蒸留方法を守る数少ない泡盛酒造所。沖縄最高峰の於茂登岳の伏流水を使い、柔らかな喉ごしと甘い香りが特徴。景観地でも有名な川平湾のそばにあり、酒造行程の見学も受け付けている。
請福 請福
八重山でトップクラスのシェアを持つ請福は地元産の原料にこだわった泡盛を造っている。中でも初めて八重山産のひとめぼれを使用した石垣島限定の"やいま"はクセのないサラッとした飲み心地。また、酒造所にある泡盛博物館も訪れた観光客に好評だ。
白百合 白百合
池原酒造所は創業当時のまま、ご夫婦で洗米から蒸留に至るまで全行程を手作業で行っている。そのていねいな酒造りから生み出される泡盛はまろやかな味わいと個性的なフレーバーを持つ。
玉の露 玉の露
戦前から続く石垣島で最も古い酒造所である玉那覇酒造所は東(あがり)の玉那覇、西(いり)の玉那覇といわれたように那覇にも分家があった。戦争で全滅後、分家の玉那覇が八重山最古ののれんを守って操業を再開した。現在もなお、夫婦2人ですべての行程を行い、昔ながらの手法にこだわった"玉の露"はライト志向のトレンドの中では貴重な昔の味わいを伝える逸品。
宮の鶴 宮の鶴
サンゴで有名な白保海岸に程近い、宮良湾を見下ろす場所にある仲間酒造所は全てが旧式の製法で道具も創業当時のものが使用されている。そして唯一の銘柄である"宮の鶴"のラベルも創業当時と変わらぬ3羽の鶴が描かれている。その独特の味わいは敷地内の井戸から汲み上げられる仕込み水からくるものと言われている。また、出来のいいい原酒が出来た時だけストックされる"古酒 宮の鶴"はほとんど市場に出回らない幻の逸品となっている。

波照間島

泡波 泡波
日本最南端の島で作られる酒は、微妙に塩分を含んだ仕込み水を使用し、口当たりよくまろやかな風味がある。美しい珊瑚に囲まれた島の厳しい自然が生み出した銘酒。

与那国島

どなん どなん
日本最西端の与那国は方言で"渡難"と呼ばれる。これは激しい海流や不安定な天候のために渡りにくいところからつけられた。そんな厳しい自然の中で作られる酒は花酒と呼ばれ、一口含めば喉にしみわたる辛さが特徴のハードな酒。

宮古島

菊之露 菊之露
宮古島の地下水は石灰質の地層を通って自然濾過された、ミネラル分を多く含んだ良質の硬水となっている。その水を使った菊之露は切れのあるさわやかな味わいの泡盛となっている。

久米島

久米泉 久米泉
沖縄でも最大規模の生産量と高品質を誇る泡盛で甘みのある堂井の名水を使用し、南国らしいおおらかでバランスの取れた味わいに仕上がっている。

本島

春雨 春雨
2000年の沖縄サミットの晩餐会で各国首脳に振る舞われた沖縄を代表する銘酒。まろやかで力強い味わいと香ばしく、甘い余韻が楽しめる。この味に驚いたブレア首相は"これは即刻輸出禁止にするべきだ!"と小渕首相に言ったとか・・・。しかしその少ない生産量から幻の酒となりつつある。

その他いろいろと取り揃えております。詳しくは店主におたずねください。

上に戻る